FC2ブログ

私は猫になりたい

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

【告知】なんか野郎九州・長崎出張【11/14】

なんか野郎in豆ちゃんa


初めての告知日記。
特に、長崎市の方、広告業界の方向けの情報です。



福岡の広告制作者を中心に有志が集まった「なんか野郎九州」
長崎でイベントを行います。


※なんか野郎九州とは
九州を元気にしたいという思いのもとで集まった
九州の広告クリエーターを中心とした団体。
「100年に1度の不況なら、100年に1度のことをせねば」を合い言葉に、
あらゆる分野で活動中。

(「なんか野郎九州」で検索してみてください。なんとなく過去の活動がわかるかも知れません)


このなんか野郎九州の選抜メンバーと、
地元・長崎県立大学シーボルト校の映像制作サークル「Siebo」(シーボ)の学生チームが

2時間でコマーシャルを作って対決!!


お題発表から上映までを約2時間で行うガチンコバトルの行方を見守りませんか?


■日時:11月14日(土)15時OPEN 15時半START
■場所:カフェ豆ちゃん
■入場料:2000円(1ドリンク)


会場のカフェ豆ちゃんのホームページはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/cafemame/20091018


にほんブログ村へ
スポンサーサイト



女子高生に聞きたい。どんな本が好きですか?

IMGP9817.jpg


「僕は勉強ができない」という本がある。
学生だった当時とてもはまった本のひとつ。


主人公のことがかっこいいと思った。
(それと、耳を澄ませばの天沢君が好きだった)


大学生の頃、中学生と高校生に家庭教師をしていたのだが
その時に、生徒達に読書の候補としてすすめたことがある。


中学生の女の子
「これって、勉強できる人が読む系の本なんだよね」


忘れられない一言。良かれと思って勧めたのに
本質を観てなかった気がして今でもはずかしくなる。




さて、今の中高生はこの本をどう読むんだろうか。
主人公の時田君は平成生まれの女子高生にもうけるんだろうか。

ちなみに、知り合いに、現役女子高生の間で回し読みされている
(ケータイ小説以外)本は何?と聞いてみた。
「蛇にピアス」の世界がかっこいいとのこと。
この本がきっかけでピアスを開けまくる子もいるとか。


私には高校生のいとこがいるけど、ピアスを開けまくられても困るので
彼女には「蛇にピアス」よりも伊坂幸太郎を薦めている。
狼狽心というやつである。





「ぼくは勉強ができない」
山田詠美著



「蛇にピアス」
金原ひとみ著




過去の感覚、今はもうそう思えなくとも、過去には思っていた。

仕事をする上でも、昔の感情を覚えておくことが
表現の幅につながるそうだ。
私の場合、昔感動した本というのがその役目を上手く果たしてくれると思う。
たとえ今は当時のように感動できなくても
今、客観的に理解できる。理解してあげることができる。
理解できなくても、当時の自分の気持ちだけはわかるものだ。




にほんブログ村 写真ブログへ





 i

本城直季風おくんち

IMGP0913のコピー


本城直季さんというのは
広告業界では今売れっ子のカメラマンさんで
普通の風景をまるでミニチュアのように撮る人です。

本城さん関連の記事はこちら。


一見、ミニチュアに見える写真は、本城さんが賞を受賞されてから流行だし
今は写真をミニチュア風に加工するソフトも簡単に手に入ります。

アイフォンにはアプリまで登場。



さて、このミニチュア風写真。
簡単に自宅のパソコンで加工できることを主人に教えてもらいました。
(主人はデザイナーです)



ある一定の場所以外をぼかせばいいのです。


例えばこれ。

梅が枝餅のテント周辺はそのままに
他をぼかしています。


IMGP0916のコピー


トップの画像は、
中程の踊り場以外をぼかしました。


それだけで簡単にミニチュア風。

もっとシビアにぼかしていけば
更にミニチュアっぽくなると思います。


普段写真を加工したりしない私は
こういうのにとても感動してしまうのだけど

中学生や高校生のいとこはすでに当たり前の機能として
写真加工アプリを使いこなしていて
デジタルネイティブといわれる若い子達との
デジタルリテラシー格差をびしびし感じる今日この頃です。


置いて行かれるのが怖いのと
知らないことで損をしたくないので

ツイッターもやりつつ
ミクシィもやりつつ
つぎはアイフォンかなと考えてます。


あれですよ、あれ。セカイカメラ。
感動しました。
ドラゴンボールのスカウタっぽくて。

ただし、
電波状況が良くないのでセカンド使いで。

セカイカメラはじめ、アイフォンがやってることには
慣れといたほうが良さそうだと直感で思った次第。



にほんブログ村 写真ブログへ











本城直季「スモールプラネット」
第32回木村伊兵衛賞を受賞した代表的な写真集。





【余談】
梅が枝餅って、いつも行列ですよね。
美味しいから納得だけど。



ブーツと猫

IMGP0337.jpg

秋になったな、と思うのは
唇が乾燥するから。


長崎は坂本龍馬ブーム。
大河ドラマに乗っかって
観光収益を上げようと
いろんなことが考えられている。

広告を作る仕事をしているため
龍馬に関する知識は「身につけなければいけない」感じである。



「龍馬のぶーつ像」というなかなかシュールな観光地。
歴史ある由緒正しきブーツ像。ではなく
わりと最近作られたものである。

こういうのを観ると、新築のお寺に対する
ありがたみのなさがよみがえります。
永平寺で、お寺の敷地内にATMがあったのを見たときの
残念さとか。


先日、福山雅治さんのライブの時は
福山さんが「(ぶーつ像へ)行った」と言ったばかりに
長蛇の列ができたことで話題になった。


ここは連日、猫でも賑わっている。
ブームが来る前からずっと。


IMGP0381.jpg

行けばなるほど、日当たりが良く気持ちがよい。


猫は気にしていないだろうが、
眺めも良い。



にほんブログ村 写真ブログへ









ちなみに、この場所に来て猫を見たとき吹き出してしまった。
シャルル・ペローの「ながぐつをはいたねこ」を思い出したからである。
※リンクは、数ある絵本の中でももっとも好きな一冊。

残念ながら楽天では品切れ。


長崎くんち2009

jinjya1.jpg

yoru-kasahoko.jpg

今日から長崎くんちがはじまった。

長崎くんちは毎年10月7日から三日間にわたって行われる
長崎最大のお祭で、諏訪神社の大祭。
市民総出感の漂う地域に根付いたお祭りである。

その人気たるや、
ねぶたや阿波踊りと同じくらい、と思っていただいていい。
全国ニュースでも取り上げてもらえる規模である。

子どもは学校は休みだし

会社だって出演するならば休んで良い。

「おくんち観てきます」といって会社を抜けるのも許されている。
(こちらへ来て驚いたことのひとつ)

むしろ、会社に奉納踊りが来るから、三日間はお祭り気分で当然だと思う。

歩行者天国がいろんな場所に現れ
出店がずらりと並ぶ。もちろん人も溢れている。

「長崎の心意気」を長崎人がもっとも人目を気にせず褒め称えることができるお祭。

おどり手がいなくて悩んでいる町もあるそうだが信じられない。
なぜかというと、誰もが出たくてしょうがないお祭にみえるからだ。
つまりとても魅力的。

ぜひこの素敵な行事が衰えないよう、
踊り町の方には頑張って欲しいし
その他の町の人もおくんちを楽しんで欲しい。


行かれる方へ向けた情報をひとつ。
龍馬のスポンサーだった豪商、大浦慶【通称:お慶さん】をご存じだろうか。
奉納踊りの前に「まきもの」といって各踊り町オリジナルの
手ぬぐいが桟敷席へ投げられるのだが

今年は
大浦慶にちなんでお茶が投げられている(お茶の輸出で財を築いたため)。
お慶ゆかりの油屋町のみのまきもの。ぜひ手に入れられたし。






おくんちは踊りがメインだけども
次に見物なのはその衣装だと思う。

jinjya2.jpg

この三日間だけのために作られた衣装。
各踊り町のテーマを染め抜いた完全オリジナル。

付き添いとしてそぞろあるく子どもたちのお母さんも
新調した着物を着ている。中には一日一日別の着物を着るために
三枚新調するという熱いお母さんもいるようだ。


今日も華やかな一行にぶつかり、仕事を放ってついて行きたくなった。



にほんブログ村 写真ブログへ




 | HOME | 

■facebookページ

私は猫になりたい

Facebookページも宣伝
Yuko Murakawa

バナーを作成
■ UST(ときどき)

2011年10月23日ONAIR

年賀状大喜利2012 現役AD4名のお年賀案

2011年2月27日ONAIR

広告制作者の家に届く年賀状ベストテン!2011うさぎ年

2011年1月4日ONAIR

FreePets-命を考える-

■ プロフィール

watashihaneko

Author:watashihaneko
フリーランスのコピーライター・CMプランナー。旦那と猫と暮らしてます。趣味はピアノと写真と読書です。メルアドはhanavi.tsukushi☆gmail.com(☆を@に変えてください)

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ 最新トラックバック

■ カウンター

■ 最近読んだ本

「その瞬間は何も出来ない。」ということを前提に書かれています。 阪神淡路を経験された方の声が掲載されています。備えることが どれほど役に立つかわかりませんが、心構えを持っていることは とても大事だと思えた一冊です。
【送料無料】地震イツモノート

【送料無料】地震イツモノート
価格:1,500円(税込、送料別)

■ お気に入り雑貨

フランス旅行の時に購入した紙のお香『パピエダルメニィ』。割高ですが日本でも買えます。

■ 最近のヒット。

缶のバリエーションいろいろ、価格はどれも1,500円。
■ おすすめベビーギフト【今治タオル】

高級タオルの産地、今治で作られたもの。ベビー用はたくさんありますがこのMAKE-FRIENDSシリーズは特に肌触りがよかったので購入。ベビーラッシュなのでこれからもお世話になります。すでに甥、お友だちの赤ちゃんにプレゼントして使い心地を喜ばれたお墨付き。赤ちゃん用のバスタオルにちょうどいいサイズ。
■ ジブリ ロボット兵プランター

質感があります。

■ 私の本棚

読みたい本、買った本、読んだ本・・・

■ 検索フォーム

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード