FC2ブログ

私は猫になりたい

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10

2011G.W 愛媛&広島旅行6-尾道-

鞆の浦を出て、尾道へ。



尾道と言えば駅だよね。

_IGP0474.jpg

街の風情を出している装置のひとつは
ぜったいにこの鉄道、そして駅。
電車が走っていることが街の魅力の基礎になっていて、
それは尾道三部作と呼ばれる映画が撮られてからかなり経つ今でも変わらないと思う。

_IGP0702.jpg

_IGP0699.jpg


駅でマップを沢山貰い、それをもとに歩いた。


駅からアーケードを抜ける。昔からある商店が多い。
朝の連続ドラマ「てっぱん」のオープニングがリピートでかかっていた。
そうか、ここは主人公の故郷なのだったな。

さびれ始めたアーケードににょこにょこ洗われるドラッグストアはなかった。



■ラーメンに並ぶ


尾道到着最初にしたのは、アーケードを抜けて、
ラーメン屋の行列にならぶこと。
超有名なラーメン屋・朱華園である。
1時間ちょっと並ぶのが当たり前のようだ。

_IGP0523.jpg


しんどい。


が、尾道ラーメンの名店となればそれくらいの努力は必要なのだろう。

頑張って並び、美味しく頂いた。

_IGP0539.jpg


美味しい・・・というのは大きなラーメンと言うカテゴリでの話である。
初めての尾道ラーメンのため、これが尾道ラーメンとしてとても美味しいのかどうかは正直わからなかった。比べることができない。


しかし私は満足だった。

なぜなら、店の入り口すぐに、檀一雄のエッセイの抜粋が飾られていたからである。



檀一雄
「・・・魚ばっかり食べて飽きていたところ、
ぶらりと入ったここのラーメンがおいしくて驚いた・・・」



ほめているではないか!檀一雄が!



火宅の人」でこんな人が父親やったら確実にぐれるなと思った。
が、文豪=グルメで味にうるさい
という図式は一時間並んだ人間にはとてもありがたいもので、
このエッセイの一文は素直に心に入ってきた。


もう、文豪がほめた店というだけで満足である。



■千光寺へ。歩く。


_IGP0674.jpg


尾道の街が見渡せるスポットとして千光寺がある。
ここへたどり着くにはロープウェイが最短ですむのだが・・・


ロープウェイは40分待ちだった。

ラーメンで70分並べても、ロープウェイには並べないと思った。

切符売り場の人に、徒歩でどれくらいかかるか訪ねてみると
のんびり歩いて35分でつくという。
散策は好きなので、歩いて向かうことにした。


歩いて正解。


絶対歩いた方が楽しい!


狭い小道の脇には地元の人がやってるカフェや個人美術館がある。

猫が何匹かすんでいて、昼ドラの相関図みたいなものも貼られていたりして飽きなかった。

なんやかんやで頂上だった。
苦労して登った感じは全然しなかった。


_IGP0563.jpg


_IGP0565.jpg

_IGP0573.jpg

_IGP0576.jpg


ものすごいデジャブ感に襲われていたのだけど、
わかった。


ここはあれだ。


長崎市の亀山社中へ向かう階段だ。



地元の人がカフェを始めたりしているところとかも似ている。


猫がいるところも、道幅も、階段の急さも、似ている。


海が見えるところも、似ている。


建物の密度だけは明らかに違っていたけど。



千光寺からみる尾道。
歩いてのぼったので、どんどん街が引きで見れて楽しめた。

_IGP0590.jpg

_IGP0620.jpg

_IGP0637.jpg





■ふくろう好きの城


帰りはカフェに立ち寄って一休みした。


行きがけにとても気になったこのカフェ。
狭い小道からこんな建物が観えたら立ち寄りたいに決まっている。



_IGP0679.jpg


_IGP0669.jpg


店内は撮影できなかったけど、ふくろうマニアの店主が世界中から集めたらしいフクロウグッズが展示されていた。センスは微妙ともかく、
個人の「好き!」がすごいエネルギーで襲ってきたのでちょっと疲れた。
しかしながら見た目があれなんで観光客にはなかなかの人気だと思う。
入りたいと思わせる店だった。




■ナイスネーミング


千光寺から戻って向かったのは、アーケード内にあるパン屋さん。
立ち寄った理由は店名だった。



_IGP0499.jpg


パン屋航路WWWWWWWWWWWW


元ネタはこちら。

_IGP0626.jpg


志賀直哉さんの暗夜行路



私は看板を見た瞬間に吹いたのだけど、
高校から美術専攻、今の小説にしか関心のない旦那は
文学好きなら必ず押さえるべきこの作品名を全く知らなかったため


( ゚Д゚)ポカーン

な に が そ ん な に お も し ろ い の ?

( ゚Д゚)ポカーン


と冷めていた。
私の怒りを買ったのは言うまでもない。
(そうだった、読ませないと・・・。)



オーナーは志賀さんの子孫でも何でもなかった。

_IGP0692.jpg

とてもおしゃれな店構えで雰囲気たっぷり。



尾道にゆかりがある作家だから成立してるよね、このネーミング。

味はめっちゃうまい!ってほどじゃなかったけど、普通にいただきました。

ちなみに、買うのは並びました。
ひとり5個までの購入数制限あり。
なくなったら次の焼き上がりまでクローズです。




ロケ地巡りなどしたかったけど、もう出発の時間。
レトロな街並を惜しみながら散策しました。


_IGP0706.jpg

_IGP0486.jpg

_IGP0517.jpg









尾道を出てからはひたすら西へ。
約7時間かけて長崎に到着。


とーーーーーーーーっても疲れました。


だけど思い切って行ってよかった。
体力のあるうちにちょっと無茶な日程の観光もこなそうとおもった3日間でした。

旅立つ前にアドバイスをくれたYさん、ありがとう!

ちなみに高速一律1000円を使える最後のG・W、
やっぱり遠出してよかったのかも。



■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://watashihaneko.blog85.fc2.com/tb.php/311-e9bed7bc

 | HOME | 

■facebookページ

私は猫になりたい

Facebookページも宣伝
Yuko Murakawa

バナーを作成
■ UST(ときどき)

2011年10月23日ONAIR

年賀状大喜利2012 現役AD4名のお年賀案

2011年2月27日ONAIR

広告制作者の家に届く年賀状ベストテン!2011うさぎ年

2011年1月4日ONAIR

FreePets-命を考える-

■ プロフィール

watashihaneko

Author:watashihaneko
フリーランスのコピーライター・CMプランナー。旦那と猫と暮らしてます。趣味はピアノと写真と読書です。メルアドはhanavi.tsukushi☆gmail.com(☆を@に変えてください)

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ 最新トラックバック

■ カウンター

■ 最近読んだ本

「その瞬間は何も出来ない。」ということを前提に書かれています。 阪神淡路を経験された方の声が掲載されています。備えることが どれほど役に立つかわかりませんが、心構えを持っていることは とても大事だと思えた一冊です。
【送料無料】地震イツモノート

【送料無料】地震イツモノート
価格:1,500円(税込、送料別)

■ お気に入り雑貨

フランス旅行の時に購入した紙のお香『パピエダルメニィ』。割高ですが日本でも買えます。

■ 最近のヒット。

缶のバリエーションいろいろ、価格はどれも1,500円。
■ おすすめベビーギフト【今治タオル】

高級タオルの産地、今治で作られたもの。ベビー用はたくさんありますがこのMAKE-FRIENDSシリーズは特に肌触りがよかったので購入。ベビーラッシュなのでこれからもお世話になります。すでに甥、お友だちの赤ちゃんにプレゼントして使い心地を喜ばれたお墨付き。赤ちゃん用のバスタオルにちょうどいいサイズ。
■ ジブリ ロボット兵プランター

質感があります。

■ 私の本棚

読みたい本、買った本、読んだ本・・・

■ 検索フォーム

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード