FC2ブログ

私は猫になりたい

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10

村上春樹「1Q84」レビュー【こんな時代に完売御礼】



この時代に売り切れ!





村上春樹さんの新作。

1Q84、読まれた方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。



かなりの冊数が出荷されていましたから

このブログを見てくださっている方の中にも

結構な人数の方がいらっしゃるのでは?と思っています☆☆






都市部では発売日に売り切れた書店もあったとか。

ローカルとはいえ、長崎駅前の本屋さんも二日後には一巻が完売してました。




この時代にここまで売れる作家は

日本では村上さんだけでしょう。





最近また、増刷分が書店に並び

ヤフオクでの定価以上での売買も無くなりましたね。





落ち着いたところで、レビューをちょっとだけ・・・







※写真の下よりネタバレもありです。知りたくない方はお気をつけて!






イメージ 1











きちんと、整然と。




文学なのに、数列的なきちんと感を感じれる。

それが村上文学の特徴だと思っています。




今回もきちんとさせていただきました・・・・






主人公の男女、天吾と青豆が、もうすぐ30歳になるという設定。

同年代が主人公とあって、入り込み方もいつもの村上作品以上。



村上さんの本に登場する主人公は

どことなく潔癖性なところがあります。



日課が決まっていたり、リズムのある生活をしていたり

体を鍛えたりする人物が多くて

自分が決めたルールに忠実。



夏休みの予定表を書いたら、その通りに守り通すタイプなんだろうな。




読んでいてこちらも背筋が伸びます。




(村上さんもラン人群が日課で、決まった時間に小説を書くから、そうなるのは自然なのかもしれない)




今回は青豆がインストラクターということもあって

肉体的な描写、体を動かすことの意味が

いつもより更に

整然と詳しく書かれていたのが印象に残っています。




特に、ストレッチのシーン・・・。




苦痛を伴う細やかなストレッチで自身と向き合うんですよね。




天吾にとってのストレッチは小説を書くこと。






こういう、主人公達のきちんとした決まり事、

体や脳みそを使って規則的に何らかの作業をする様子は



読み手の心にも体にもぴしっとムチをいれてくれる感じがするな。

ひとつひとつドミノを並べていくような

いや、積み上げていくような。

崩れないように、基礎をしっかりと固めて

慎重に、あせらず、規則的に。







月が2つある世界「1Q84」







1Q84は、1984年にとても似ているけれど月が2つある世界のこと。




青豆は高速道路の非常口階段を下りたのがきっかけで

この1Q84にスリップしてしまう。



天吾は、電車に乗って施設の父親に会いに行く途中にスリップする。





この二人、小学生の頃の初恋同志で

お互いに忘れられない人。




青豆が月が2つある1Q84にスリップして(第一巻前半)随分経ってから

天吾がスリップ(第二巻の後半)。




二巻の後半ともなれば、読み手は

何とか二人を出会わせたいと願っているし



途中、ニアミスしているのをもどかしく思っているし




ああ、これでやっと二人は出会えるのだと安心するのに

そこで二巻が終了してしまう。



しかも青豆のシーンは自殺を決行するところで終わってます。涙






そう、このままでは、この終わり方ではあまりにも悲しい。





二人を出会わせて欲しい。







というわけで、第3巻が発売されるんだろうなと勝手に期待しています。







オウムをモデルにした宗教団体も出てきます。

NHKを暗に批判、疑問視しています。

宗教にはまり、周りの人達の優しさに気づけない滑稽さ。

輸血禁止の某宗教、信者の家族がどういう目で見られるかを遠慮無く描いてます。






全部、本の中だから、小説だからかけたことばかりです。

メディアがいいたくてもいいたくても、言えなかったことばかり。



世の中に小説は必要だと、初めて心から思いました。



オペラも文学も演劇も、実際には口に出せないことを

架空のものとして批判して鬱憤を晴らす道具だったと学んだけれど



今のこの世の中で実感を伴ってこの思いを確認したのは

1Q84が初めです。







7月の三連休、はまって読むにはちょうどいい分量。巨匠の新作、ぜひどうぞ♪
■■■書評・レビューブログへ(文字をクリック)■■■




アフィリエイト
?
私のおすすめ:

1Q84 BOOK 1

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://watashihaneko.blog85.fc2.com/tb.php/461-cb445471

 | HOME | 

■facebookページ

私は猫になりたい

Facebookページも宣伝
Yuko Murakawa

バナーを作成
■ UST(ときどき)

2011年10月23日ONAIR

年賀状大喜利2012 現役AD4名のお年賀案

2011年2月27日ONAIR

広告制作者の家に届く年賀状ベストテン!2011うさぎ年

2011年1月4日ONAIR

FreePets-命を考える-

■ プロフィール

watashihaneko

Author:watashihaneko
フリーランスのコピーライター・CMプランナー。旦那と猫と暮らしてます。趣味はピアノと写真と読書です。メルアドはhanavi.tsukushi☆gmail.com(☆を@に変えてください)

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ 最新トラックバック

■ カウンター

■ 最近読んだ本

「その瞬間は何も出来ない。」ということを前提に書かれています。 阪神淡路を経験された方の声が掲載されています。備えることが どれほど役に立つかわかりませんが、心構えを持っていることは とても大事だと思えた一冊です。
【送料無料】地震イツモノート

【送料無料】地震イツモノート
価格:1,500円(税込、送料別)

■ お気に入り雑貨

フランス旅行の時に購入した紙のお香『パピエダルメニィ』。割高ですが日本でも買えます。

■ 最近のヒット。

缶のバリエーションいろいろ、価格はどれも1,500円。
■ おすすめベビーギフト【今治タオル】

高級タオルの産地、今治で作られたもの。ベビー用はたくさんありますがこのMAKE-FRIENDSシリーズは特に肌触りがよかったので購入。ベビーラッシュなのでこれからもお世話になります。すでに甥、お友だちの赤ちゃんにプレゼントして使い心地を喜ばれたお墨付き。赤ちゃん用のバスタオルにちょうどいいサイズ。
■ ジブリ ロボット兵プランター

質感があります。

■ 私の本棚

読みたい本、買った本、読んだ本・・・

■ 検索フォーム

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード