FC2ブログ

私は猫になりたい

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10

死刑制度を考えるきっかけになるのか?「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」(2003年)


イメージ 1



昨日の深夜に地上波放送されていた映画。

何となく観始めてはまってしまった。


ライフ・オブ・デビッド・ゲイル。



アラン・パーカー監督が2003年に製作した

死刑制度に異を唱える映画である。


アラン・パーカー自身、死刑制度廃止論者で知られており

ずいぶん思い入れがあって撮った一作らしい。



--------------------------------------------

あらすじ(ネタバレなし)


主人公のデビッド・ゲイルは

哲学を教える大学教授。

そして熱心な死刑廃止論者である。


人気者の教授、

活動団体の中心人物としても活躍していたが


ある女生徒と関係を持ち(誘惑され・・)

レイプ罪で訴えられてしまったため

仕事も家族も失い、アルコール依存症となる。


唯一それまでとかわらず接してくれたのが

同僚であり同じく死刑廃止論者のコンスタンス。

しかし彼女は白血病で残りわずかな命とわかる。



ある日、コンスタンスの死体が見つかる。

全裸で後ろ手に手錠をかけられ

ガムテープで口を塞がれたうえに

プリ袋をかぶせられていた。


死因は窒息死。


手錠の鍵は彼女の胃の中から発見され

きわめて残忍な犯行とされた。


コンスタンスにはレイプされた後があり

デビッド・ゲイルの精液が残っていた。




デビッド・ゲイルはコンスタンス殺害の罪で

死刑が確定している。

死刑廃止論者の有名人が死刑囚となったのである。


死刑執行の4日前、デビッド・ゲイルは

女性記者ビッツィーを指名し

インタビューをし本をまとめてほしいと依頼。


50万ドルという多額の報酬まで用意していた。


デビッド・ゲイルとの接見、そしてインタビュー。

話を聞くうちにビッツィーは彼のえん罪を確信していく。



--------------------------------------------


あらすじ(これ以降ネタバレあり)



インタビューを続けるビッツィーのもとに

あるビデオテープが届く。だれからかはわからない。

中にはコンスタンスが窒息死する様子が収められていた。


その映像のなかに不自然な点があると気づいたビッツィーは

自らコンスタンスが死んだ様子を再現、実験し

自殺である(自殺が可能)であることを証明する。


ビッツィーは

テープを送り届けた人物と

コンスタンスが共謀し、デビッド・ゲイルをおとしめたと考えた。



えん罪と確信し、ビッツィーは彼を救おうとするが

時既に遅し、死刑は執行されてしまった。


彼の命を救うのには間に合わなかったが

ビッツィーは警察とマスコミにこの事実を公開。


死刑制度そのものを見直す声が高まる。



もっと自分が早くに気づいていたら・・・

悩み続けるビッツィーのもとにデビッド・ゲイルから

ビデオテープが届く。刑執行の前に送られたものらしい。


そこには、息絶えたコンスタンスのもとにゆっくりと駆け寄り

「すべては終わった」とつぶやくデビッド・ゲイルの姿があった。


白血病で余命少ないコンスタンス。

すべてを失ったデビッド・ゲイル。


二人の死刑廃止論者仕組んだ事件だった。


コンスタンスが自殺をするシーンを、ゲイルは見守った。

その様子を撮影し、えん罪の死刑執行がありえることを

自らがえん罪で死刑で死ぬことで証明しようとしたのだ。




--------------------------------------------



という話。


正直、死刑廃止のメッセージよりも

デビッドの生き様とかサスペンス要素のほうがインパクト強くて

死刑廃止が目的として作られた映画ならちょっと弱いかもしれない。

ただ、死刑制度について考えるきっかけにはなると思う。

少なくとも私は考えた。これまでで一番考えた。



サスペンスとしてはほんとに面白かった。





ちょうど、宮勤死刑囚の刑が執行されて

死刑制度への賛否が報道されてますね。


正直、そこまで真剣に死刑制度のこと考えたことなかったです。

身内が傷ついたら、どんな理由があったとしても死刑にしてほしいと思うだろうし

もし身内が誰かを傷つけて死刑になるとしたら絶対に嫌だと思う。



私は死刑はあった方がいいと思うけど(抑止力の面で)

それが国による殺人だって意見や

死刑になりたいから罪を犯した人もいるってので


そうかんたんには話がつかない問題なんですね。



そうなると

終身刑・・・・なのか・・・・?



でも本当に非人道的と思う犯罪者に対しては

瞬間的に「死刑になればいいのに」って思っちゃってるな。


家庭環境がどうのこうのとか

精神状況がどうのとか


そこで酌量するなよ、って思うこともある。



テレビ局宛のメールには

終身刑をもうける案とともに

地雷除去や薬物実験のボランティアにあたらせる・・・などの

「犯罪者も有効活用」な案が多かった。


みんないろいろ感じて考えてるんだなぁ。





ただね、法相のことを「死神」はないと思うよ。

鳩山さんが怒るのも無理ない。




アフィリエイト
?
私のおすすめ:

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://watashihaneko.blog85.fc2.com/tb.php/640-c9b57ccd

 | HOME | 

■facebookページ

私は猫になりたい

Facebookページも宣伝
Yuko Murakawa

バナーを作成
■ UST(ときどき)

2011年10月23日ONAIR

年賀状大喜利2012 現役AD4名のお年賀案

2011年2月27日ONAIR

広告制作者の家に届く年賀状ベストテン!2011うさぎ年

2011年1月4日ONAIR

FreePets-命を考える-

■ プロフィール

watashihaneko

Author:watashihaneko
フリーランスのコピーライター・CMプランナー。旦那と猫と暮らしてます。趣味はピアノと写真と読書です。メルアドはhanavi.tsukushi☆gmail.com(☆を@に変えてください)

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ 最新トラックバック

■ カウンター

■ 最近読んだ本

「その瞬間は何も出来ない。」ということを前提に書かれています。 阪神淡路を経験された方の声が掲載されています。備えることが どれほど役に立つかわかりませんが、心構えを持っていることは とても大事だと思えた一冊です。
【送料無料】地震イツモノート

【送料無料】地震イツモノート
価格:1,500円(税込、送料別)

■ お気に入り雑貨

フランス旅行の時に購入した紙のお香『パピエダルメニィ』。割高ですが日本でも買えます。

■ 最近のヒット。

缶のバリエーションいろいろ、価格はどれも1,500円。
■ おすすめベビーギフト【今治タオル】

高級タオルの産地、今治で作られたもの。ベビー用はたくさんありますがこのMAKE-FRIENDSシリーズは特に肌触りがよかったので購入。ベビーラッシュなのでこれからもお世話になります。すでに甥、お友だちの赤ちゃんにプレゼントして使い心地を喜ばれたお墨付き。赤ちゃん用のバスタオルにちょうどいいサイズ。
■ ジブリ ロボット兵プランター

質感があります。

■ 私の本棚

読みたい本、買った本、読んだ本・・・

■ 検索フォーム

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード